沖縄・ちゅらうみでのスキューバダイビングの魅力

多くの人々は広い海を観るだけで、気持ちが癒されますし、広い海を観るでけで清々とした気分になるものです。 まして、海の中はどうでしょう、例えば、沖縄ダイビングでマリンブルーの海の中を観察すると、鮮やかな熱帯魚の姿や色んな魚が泳ぎ回り、魚と一体になって遊泳出来ることは大いに気持ちを高ぶらせ魅了します。

shutterstock_303667841よく、海中ダイビングを始めた人達が「海を見て人生感が変わったよ」という人もおりますようで、透明なブルーの海の中に身を浮かべ、水中の無重力の浮遊感を感じながら泳ぎ、目の前を多彩な魚達が横切り、愛嬌のある不思議な魚達と出会う事が出来るのです。 増して、地上に住み、尚且つ都会の雑踏の中にに暮らす私たちの周囲は、海の中にはありませんし全く対照的に海の中というのはサイレントの世界なのです。

海はダイビングを始めた人だけが知っている、心地良い異次元の空間があるのです。

ところで、テレビなどで時折紹介されている海中の映像を観ただけでもある種の感動を覚えますが、現実に素晴らしい海中の景色を見たことのない貴方も、実は、何時でも其の気になれば素晴らしい海中体験が可能なのです。 其れは、素潜りでもいいですし、シュノーケルを付けてチョット潜るのもいいでしょうが、深く長い時間を掛けて海中の様子をジックリ観察したいという方は、チョット本格的になりますがスキューバダイビングというのを御存知だと思います。

実は、小生も沖縄の観光旅行で偶々出会ったのが美しい海の沖縄ダイビングで、其の時にダイビングの素晴らしさを味わったのです。 此のように日常では体感できない経験をするために、ダイビングを始めた人も沢山おります。 ダイビングの世界に飛び込んでいる人達は、陸上にはない発見や驚き、幻想的な光景、自分の目でハッキリと鮮明に確かめられる感動を得ているはずです、

勿論、プロの世界に入って世界中の海を潜ったり楽しんでいる人達も、最初はシュノーケルや初期のダイビングから始めたのであり、其の扉を開けるのには色々な苦労があり、不安があり、新しいある種の冒険を始めるのにはそれなりの勇気が必要だったのかもしれません。 それでも、一旦始めてしまうと病みつきになり、もう離れられなくなるのがダイビングの魅力でも有るのです。

ただ、ダイビングと言っても本格的なダイビングはオイソレト海の中を潜って遊泳したり、楽しんだりするにはそれなりの安全面に対する備えや装備が必要になります。 当たり前ですが、人は魚と違って、水の中で長時間に亘って住んだり、生活することはできません。 即ち、スキューバダイビングとは、特殊な器材を使って海の中を楽しむ遊びであり、行動のほとんどを器材に依存することになります。

その機材というのは、周辺観察したり景色を見るためのマスクや脚に付けて水中を泳ぐためのフィン、水中で呼吸をする為の酸素ボンベ(空気ボンベ)やレギュレーター、それに空気の残量を確認するための圧力計(残圧計)など、様々な器材の目的に応じて機能をよく理解し、そして自分に合ったものを選択して、使い慣れることが重要です。

更に、専門性を取得するためには、ある種のライセンスというのが必要になります。